歴史を辿る

石見神楽とは

石見地方では秋祭りの夜になると様々な町の神社で神楽囃子が聞こえてきます。
日本神話において天岩戸隠れの段でアメノウズメが神懸かりをして舞ったというのがその起源とされています。
神楽は地方によって各々特徴が異なっており、その土地の長い歴史を物語ります。
各地の民衆の娯楽として演劇化されてきたものが、今もなお伝統芸能として受け継がれています。

神楽の特徴

一般的な神楽とは異なり、軽快かつ激しい囃子と舞が特徴で、収穫期に自然や神に感謝を表す神事として神社において夜を徹して朝まで奉納されたのでした。

神楽の魅力

現在は華やかな演目が好まれ、演じられることが多く、地元の人々だけでなく遠方から訪れる観光客の目を楽しませています。神楽囃子の調子・舞・衣装・明りの演出など、舞台の上の雰囲気は神々の世界を思わせます。軽快な囃子にダイナミックな踊りが生む迫力は、是非現地にて堪能していただきたいものです。


石見銀山の歴史

石見銀山は1526年(大永6年)に九州博多の豪商・神屋寿禎により発見され約400年以上にわたって採掘されてきた鉱山です。
16~17世紀の約100年間には大量の銀が製錬され大内氏、尼子氏、毛利氏といった戦国大名の軍資金や江戸幕府の財源として使用されました。


当時世界で流通した銀の3分の1が日本の銀であり、そのほとんどが
石見銀山で産出されたものであったと言われております。


世界遺産「石見銀山」を巡る

石見銀山は環境に配慮した「自然観と共存した産業史跡」であることが評価され、2007年に世界遺産として登録されました。 その精神は現代まで受け継がれ、レンタルサイクルやベロタクシーなど排気ガスを出さないエコな移動手段が銀山周辺にはいくつも用意されています。是非ご利用ください。

かつては日本史上最大級として名を馳せた石見銀山ですが、採掘されていた当時の間歩に立ち入ることができます。少しひんやりする銀山内を、当時を想像しながら散策してみるのもオススメです。 また、周辺にはレトロなお店が軒を連ねており、あちこち立ち寄りながらの散策する楽しみもあります。


オンライン予約 お得な宿泊プラン